FC2ブログ

[PCゲーム]Flower/Journey

2020/06/18までの活動記録
6月に突入した事でそれなりに雨も降り、「梅雨ですね」と感じる事が多くなりましたね。
私は相変わらず適当に生きています。若干精神面がやられて色々な所にお世話になったりしてますけど・・・
上がり下がりが凄くて制御出来ないのが一番しんどいので、どんどん披露して行くだけと言うのが大変ですね。
半ば諦めモードで色々と面倒になりつつも色々と助けて貰っている所も有りますので、頑張ってます たぶん・・・
沢山の物事を放り出して楽になりたい気持ちも有りますが、それはそれで大変な事になるので我慢我慢。
自分で自分の餌を買い、先の月にぶら下げる事で日々生きていく気力を生産しております・・・

それでは活動記録の方へ
グラブルの方はバランス調整の方で致命傷を負わされたので、正直やる気が吹き飛んでいますね。
なので久しぶりにPCゲームの方の話題でも書いて行こうかなとお持った次第です・・・
全然チェックしてなくて知らなかったのですけども、6/12にSteamの方でFlower/Journeyがリリースされてました。
これはどちらもPS3等の方で既に出ているゲームですので、其方の方でやった事が有る人も多いかもしれませんね。
私も其方の方で遊んだ経験がある身でありますが、この度此方の方も購入する事にしたのでした・・・
確か別のプラットフォームでは既にPC版も有ったと思いますが、購入手続きが面倒なったのでパスした記憶がある。
そんなこんなで購入した、Flower/Journeyについてふらっと書いて行こうかなと思います はい。
取り敢えず、Flowerの方から書いて行こうかなと思いますね・・・世代的にも此方が先ですし・・・
[PCゲーム]Flower/Journey1

"Flower"の名の通り花のゲームです、花弁となって風に乗って花を咲かせて色を取り戻すゲーム。
独特の操作性とカメラワークで最初は動かすのに苦労するかもしれませんが、慣れてしまえば自由自在です。
ふわっと移動から高速移動まで何でも簡単に出来る様になります・・・カメラ操作は難しいですけどね・・・
ゲーム性としては本当に、"風に乗って花を咲かせる"だけなのでつまらない人には本当に退屈なゲームでしょう。
逆に雰囲気とか含まれている物語性を想像出来る人ならば、お値段以上に十分楽しめる内容になっています。
私はこの手のゲーム大好きなので、ぐるぐると長時間飛び回っていたりしてました・・・
[PCゲーム]Flower/Journey2

チャプター毎にテーマが有って、それに合わせた音楽と風景が広がっているのを眺めるのが楽しいですね。
自由自在に動かして、風に乗って、奇麗に1回の動きで沢山の花を咲かせる事が出来た時はとても嬉しいです。
風に流されて一気に進むシーンでは操作が難しいですが、上手にコントロール出来た時の喜びは大きいです・・・
私は下手だったので何度も満足行く動きが取れるまでやり直したりしてました・・・チャンスが1回なのが難しいのです。
高さが足りなかったり、壁に引っ掛かり道がそれてしまった時とか中々に悔しい気持ちになったりします はい。
恐らく初回で全ての花を奇麗に咲かせる事が出来る人は、中々居ないのではないかなともいます・・・
[PCゲーム]Flower/Journey3

のほほんと進んで行く序盤のチャプターに対して、後半のチャプターは急に重いテーマが放り込まれてますね。
突然のお邪魔要素にびっくりしつつもやる事は同じなので、じっくりゆっくり動かせばそれなりに上手くは行きます・・・
壁際に寄った時とかのカメラワークが地味に見づらいので、何度か花弁を焼いたりして悲しい気持ちになりました。
最期の手前のチャプターの内容の暗さは、中々心に刺さるモノが有りますけどもその分最後は素晴らしいですね・・・
一気に色が取り戻されて行く感じは何度やっても、ぐっと来るモノが有るのでした 本当に凄い。
場面転換と音楽の2つで揺さぶって来るので、最後までやり切ったら目がじわっとなってしまいます・・・
[PCゲーム]Flower/Journey4

ゲームのプレイ時間としては大体2時間あれば1周が終わるお手軽なゲームです。
お値段も控え目でささっと遊ぶには十分過ぎる作品だと思いますね・・・遊ぶ人を選ぶ内容では有りますけど・・・
普段殺伐としたゲームを遊んでいる人とか、何か疲れてる人とかに遊んで欲しいかなと思います はい。
ふわっと流れて行く色と音楽の世界に身を浸して、普段の世界を忘れて癒されるのが良いと思いますね。
「最近する事ないな」と言う人は是非とも購入して、割と深い世界に思いを馳せてみて欲しいです。
完全に1人プレイ専用で誰かに邪魔される事も無いので、落ち着いた旅を堪能して下さい・・・
[PCゲーム]Flower/Journey5

もう一つは"Journey"こと"風ノ旅ビト"ですね。此方は言わずと知れた名作なので知ってる人も多い筈。
D.I.C.E. Awards、IGN、GameSpot、Spike VGA、Joystiq、2012年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを総取りし、
ゲーム・デベロッパーズ・チョイス・アワードで、ノミネートされた全6部門を制覇する前代未聞の偉業を達成。
コロナ騒ぎの時に無料配布されたので其方で遊んだ人も多いと思いますね・・・知らない人は居ない筈です・・・
このゲーム関しては特に説明する事も無く、取り敢えず遊んで貰えれば全て分かります それ位名作。
ゲームにおける"感動"の割合がとても大きいのも特徴ですね、暇潰しと言う思考が無くなります・・・
[PCゲーム]Flower/Journey6

広い砂漠に放り出されて、黙々と歩いて行くシンプルなゲームですけども音楽・風景がとても良い。
ゲーム内で会話等は一切有りませんが、それでもお話の内容が普通に理解出来る親切設計・・・本当に凄い。
あらゆる場面で流れる音楽も全て良い曲ばかりで、此方のサントラもグラミー賞に正式ノミネートされたりしてます・・・
私は出た瞬間に買って今でもよく聴いてますね・・・それでもゲーム内で聴く方が遥かに良いですけども。
各場面における演出と描写に惹き込まれ、無言でプレイしたり思わず「凄い」とか言葉が漏れた人も多いと思います。
チャプター4の砂漠サーフィンのステージは楽しさと美しさが飛び抜けているので、何度も遊んでおります・・・
[PCゲーム]Flower/Journey7

ゲーム内で何の前触れも無く、唐突に始まるマルチ要素もとても良いですよね・・・
「あ、こんにちは・・・」と言った感じにそっと始まる2人旅は、コミュニケーション要素が少ないだけに楽しい。
ぴょんぴょん跳ねたり、音でやり取りをしたりと確かにそこには友情と言える様な何かが存在しているのです・・・
待ったり待たれたりとゆっくりとした時間の流れに、気持ちが落ち着いたりと癒し効果も凄いのです はい。
あっちへ歩いて行ったりこっちへ滑って行ったりと、効率なんて無いゆるゆるとした行動に思わず笑ってしまいます・・・
早い段階で誰かと一緒に慣れればこの時の旅はより一層、楽しいモノへと変わって行くのが良いですよね。
[PCゲーム]Flower/Journey8

最期のステージの雪山は1人で進むのと2人で進むのでは、かなり変わってきますので行くなら誰かと一緒が良い。
寒々としたエリアを2人で身を寄せ合って、ゆっくりゆっくり進んで行くのは何とも言えない味が有りました・・・
1人で進むのも勿論良いのですけども、個人的には最初から最後まで誰かと一緒の方が良いなと思いますね。
ザクザクと雪を踏む音が1つから2つになるだけで、心強さと言うか安心感が違うのですよね・・・
この辺は実際遊んだ人にしかわからないと思いますけども・・・説明するのが中々に難しいのです。
[PCゲーム]Flower/Journey9

最後の最後の1本道を並んで歩いて光の中に消えて行くシーンは本当に好きです。
一緒になった人とコミュニケーションが取れる最後の場面なので、別れを惜しみつつゆっくりと歩くのが素敵です・・・
場面が真っ白になった時にはついつち「有難う」と言ってしまう私でした・・・旅は道連れこの出会いに有難う。
ハッキリとした交流要素は無いけれど、それでもそこに他者の存在を感じ取る事の出来る喜びです。
最後の最後に一緒になった人やすれ違った人の名前が表示されるので、決して1人旅では無かったのだと分かります。
2時間で遊べる物語の中に色々な要素が含まれているこのゲームを、是非何度でも遊んで欲しいと思います。
[PCゲーム]Flower/Journey10
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する