FC2ブログ

[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼始めました

2019/09/29までの活動記録
何かまた台風が近づいてきていると聞きました。
入院した人から毎日病院の3食分の食レポが送られてくるのですが反応が良いのでしょうか?

それでは活動記録の方へ
バンダイナムコさんより、「DARK SOULS」類似のゲームが発売されたので買ってみました。
CODE VEINの情報自体は大分前から拾ってましたが・・・いざ出るまでが物凄く長ったですね・・・
この手のゲームは好きですので、どうなるのかとても楽しみでした 奮発してフル版買いましたし(高い)
まさか発売日当日にDLC延期発表されるとは思ってませんでしたけども・・・初手でイメージダウンである。
それはそれとしてゲームを開始してみました・・・世間の評価は気にせずに自分で確かめるのはとても大事です。
[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼初めました1

キャラクタークリエイト画面から始まりますが、これは設定出来るパーツ数も多いので概ね良好。
世界観的なイメージによる物か、「人」とは違う所謂「人外」系の設定パーツも豊富で良し良し・・・
多くの人の幅広いキャラクリエイトが支えられてるのはとても好印象ですね 眉毛滅茶苦茶多いです はい。
アクセサリの設定も出来ますが、此方については少しばかり残念な感じだったと思いますね・・・
物は多いですし設定箇所も豊富ですが、コストポイントが設定されていて数に制限があり、
思ってる以上に選択しが少ない感じとなってしまっています・・・小物系ならそこそこいけますけども。
更に大きさ・回転・角度まで揃えていますが、微妙なズレを軸移動によって修正出来ないので、
貫通したり宙に浮いていたりぶかぶかだったり等々、拘る人にはとことん気になる部分が有りました。
ともあれ、これはキャラクリゲームでは無いので個人的にはこれで十分な気がします。
殺伐とした世界のゲームで御洒落過ぎると言うのも如何なものかと思いますし(欲を言えばもう少し服の種類が略)。

[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼初めました2

アクションについては後にして、先にマップ関連のお話をやってみましょう。
マップは明るい所と暗い所、デザインも複数あるので見ていて飽きると言うのは基本的に無いと思います。
複数のルートが有ると言うよりは、基本的に一本道でゴールに向かって必要な手順を踏んでいく感じでした。
マップ表示機能も有りますが最初は枠が表示されず、特定の場所で特定の行動をした時に、
初めてその部分の詳細が明らかになると言う仕組みを取っています・・・個人的にはここがちょっと不親切かなと。
下の画像のマップは「DARK SOULS」をやった事が有る人の場合、既視感が凄かったかなと思います・・・
ここに来るまではマップシステムについても、「うーん、まぁ良いか」と思ってましたがここで反転。

このエリアは道を物凄く複雑にし、入り組ませ、上と下に行ったり来たりを繰り返す、超迷子マップでした
まずマップ詳細が分からないので一度通っても次が分からない(一応足跡見たいのは有るが)上に、
その複雑さゆえにマップ詳細解除しても、階層切り替え機能が無いので全体図が掴みずらい。
オリジナルを5倍位回れるようにして、3倍位不親切設計にした感じだと言うのが私の感想
突破時の疲労感が凄まじかった・・・このマップで制作陣も力尽きたのかこの後はシンプルマップばかり( *゚A゚)なぜ?
その他、マップの明るさや演出(特に火の燃焼演出系)が目に悪い感じだったりするので個人的には残念ポイント
一番必要な所で仕事をしない地図には意味が無いのです、地図の無い「DARK SOULS」の方がまだ分かる。
[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼初めました3

アクション面につきましては、遅すぎず早過ぎずと言った感じでしょうか?
「DARK SOULS」系と「GOD EATER」系の丁度中間な気がします・・・操作性については特別不満は無し。
珍しくジャンプが無かったりしますが、飛び回る相手もいないのでここは大きな問題にはなりません。
武器によって攻撃の動きが変わりますが、振りぬく速度はそこまで変わらないのは少し残念でした・・・
と言うのも大剣等の武器は怯みを取りやすいのですが、これがほぼほぼ片手剣と変わらぬ速度で振るので、
大剣装備してるだけである程度一方的に怯み+ダメージが取れたりします はい(困ったら大剣を使おう)。
武器事の相性と言うか、優劣の差が大きいのが少しばかり残念な感じでした・・・

パリィ要素も有りますが、基本的に発生が遅過ぎるので基本的に無い物として遊んでます(成功回数1桁)。
装備する防具によっても大きく勝手が変わるので、上手く使いこなすのは相当難しいのではないでしょうか?
「DARK SOULS」シリーズのパリィを想像してると間違いなく失敗すると思います はい・・・
バックスタブについてはパリィよりはマシですが、「よし、背中取った あれ?」と言うのがよく起きます。
背中は何処なのか真後ろはここじゃないのかとか、どう見ても入らないと思った所で出たりと割と謎です。
演出が入ったりしてとてもとても格好良いのですが、この間周りの様子が見れないので少し怖いですね・・・
因みに下の画像の背景の明るさが個人的に目に滅茶苦茶刺さるので、とてもしんどかったです(どうでも良い)
[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼初めました4

戦闘についてはアクション性にそこまで不満が無いので、遊びやすい感じになっていると思いました。
回避行動も素直なのでこの手のゲームに慣れていない人でも、回避するのは簡単に出来る筈です・・・
ただ相手の攻撃の判定が若干広めと言うか、長めなので変なタイミングで引っかかる事もそれなりに有る。
槍の付き攻撃の先端部分を避けて、持ち手側に近づいたら吹っ飛んだり・・・「今避けてましたよね!?」とかとか・・・
この辺は慣れとかその辺も有るのでどうこう言えない部分なのかもしれません たぶん。
属性エンチャントも有るので、戦闘の幅は結構広いです エンチャント無しで戦うと辛い相手もそれなりに。
自分のHPバーとかは左上が良かったなとか、状態異常が分かり難いとか細かい不満点は有りますけど・・・

それはそれとしてバディが滅茶苦茶強いので、アクション苦手な人でも普通に勝てます(凄い)。
中盤以降でもその辺の雑魚相手なら余裕で殲滅してくれる程の強さです 本当に強いし頼りになる。
「GOD EATER」シリーズでよく見られた「味方何時でも床に倒れてるんだけど!?」と言う場面はほぼ無し。
複数のバディが居て特徴も違うので、場面場面によって入れ替えて行くと良いでしょう。
遠距離持ちのバディは遠くの敵も処理してくれるので道中が凄く楽です はい・・・見てるだけで良い・・・
大剣持ちのバディはボス戦とかで主に活躍してくれます 大剣一緒に使えばタコ殴りですよ。
兎に角、それぞれ特徴が有りますし、どの人も強いのでお気に入りの人とずっとでも良いと思いますね・・・
後色々と喋ってくれるので、探索中でも寂しくないです 初めて見る物には反応してくれるのが有難いです。
バディに「さっきもそれ聞いた」とか「何度も同じこと言うな」とか言わない
[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼初めました5

ストーリーにつきましては、大体何時もの「GOD EATER」シリーズと似たような感じです。
ここのチームは軽々しく世界を滅ぼしたり、窮地に追いやったり、主人公に全部任せて痛い目合わせたりしますからね。
それぞれ背景をしっかり話してくれるので、各個人の動機も分かりやすくとても良いですね。
主人公相手に「お前に任せる」とかなるのは何時も通りなので気にしてはいけません 仲間は大事です。
マスクの都合上、どうしても人相の悪い集団になってしまうのが少し面白いです はい・・・
光加減と場面によっては、どう見ても悪者の集団に見える場面も多々有るので探してみましょう。
キャラクリによっては、主人公の人相が悪顔になったり悪役出来ますので個人の設定で楽しんでみましょう。
私の場合はマスク装着時に格好の影響もあり、割と悪役っぽく見えるので気に入っています(何の話)。
[PCゲーム]CODE VEIN:吸血鬼初めました6

世間では色々と言われているかもしれませんが、CODE VEINはCODE VEINとしてみると十分に面白いです。
「DARK SOULS」シリーズと比較するとどうしても気になる所は多々有りますが、それはそれこれはこれ
この手のゲームの中では難易度優し目で、ストーリーも有り取っ付きやすさは十分だと思いますので、
初めてやる人等におすすめしてみると良いかもしれませんね・・・いきなり「DARK SOULS」は鬼ですし。

経験者は「成程ね、ここはこう変えてきたのね」とか比較しながら楽しむのも有りでしょう・・・
ですので、興味が有ったりお財布に余裕がある人は是非買って遊んでみて欲しいです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する